読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤルキデナイズド

Unclassified Articles on Software and IT

Mountain Lion では認証済みアプリしか起動できない(デフォルトでは)

MacRumors によれば、 Mountain Lion の Gatekeeper には不正なアプリケーションのインストールと実行を防ぐ機能が備わっているという。

デフォルトの設定で実行できるアプリケーションは、 App Store 経由で配布されたものか、 “identified developer” に対して発行される証明書でサインされたものに限られる。 Apple は有害とみなされるアプリケーションを配布した開発者をブラックリストに追加する。 Gatekeeper は1日1回ブラックリストを更新し、ブラックリストに登録された開発者が配布したアプリケーションの起動を阻止する。

Identified developer に対する証明書は、要求すれば自動的に発行され、 Apple は何らの審査もしないという。また、証明書でアプリケーションにサインすることも自由にできる。おそらく Safari の機能拡張を配布する際に必要なプロセスと同じだろう。