読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤルキデナイズド

Unclassified Articles on Software and IT

Twitter の画像 URL に :orig をつけると元画像が取得できる(できない場合もある)

Twitter にアップロードされた画像は、ある程度の大きさを超えると自動的に縮小される。しかし画像の URL に :orig をつけて https://pbs.twimg.com/media/XXX.jpg:orig にすると元の画像を取得することができる。ただし元画像があまりに大きいと :orig をつけても縮小された画像が返ってくる。

元画像を取得するには

f:id:uasi:20150303173229p:plain

タイムラインに表示された画像を右クリックして「イメージを新規タブで開く」を選ぶ。ブラウザによってはメニュー名が異なる(「新しいタブで画像を開く」など)。

新しいタブで開いた画像の URL は https://pbs.twimg.com/media/XXX.jpg:large という形式になっている。 :large の部分を :orig に変えて開き直す(:large がついていない場合は単に :orig を付け足す)。これで元画像が取得できる。

元画像が取得できる条件

画像の横幅が一定の大きさ以下なら元画像が取得できる。横幅が上限よりも大きくなると上限値まで縮小される。上限は URL 末尾のオプションの有無で変わってくる。

2015年10月10日追記: 最近 :orig のサイズの上限が変更されたようだ。Twitterの画像の:origで投稿時原寸の画像が降ってくるお話 - neotaso’s blogによれば :orig をつけることで6400×3840ピクセルの画像も原寸で表示されるとのこと。

URL 末尾のオプション 横幅の上限
なし 横600ピクセルまで
:large 横1024ピクセルまで
:orig 横2048ピクセルまで 上限なし?

縦幅にも上限がある。横幅は上限に収まるが極端に縦長な画像の場合、縦の上限値まで縮小される。

URL 末尾のオプション 縦幅の上限
なし 縦1200ピクセルまで
:large 縦2048ピクセルまで
:orig 縦2048ピクセルまで 上限なし?